防水工事の中でも長年選ばれているウレタン防水工法なら安心

防水工事ならウレタン防水工法で建物を守ろう 防水工事ならウレタン防水工法で建物を守ろう

防水工事は本当に必要なのか?

建物に防水工事は必要?と思われる方は意外と多いでしょう。しかし、どのような建物であっても、防水工事は非常に重要です。

目的や予算に合った防水工事をすることが大切

防水工事と言っても、工法にはいくつかの種類があります。例えばウレタン防水工法やシート防水、FRP防水、アスファルト防水などがあります。耐久年数が10〜12年のウレタン防水は工期が短く、費用も安く抑えられます。また、耐久年数がウレタン防水と同じくらいのシート防水も同じように短期間で工事が済み、費用はさらに安いです。耐久年数8〜10年のFRP防水は、非常に軽量で屋上以外の場所にも利用しやすいです。アスファルト防水は一番信頼のある工法で、耐久性は15〜20年と長めですが、費用が高いという面もあります。""

国内の防水工事の半数近くで選ばれているウレタン防水工法

様々な工法がある中で選ぶとしたら、なるべく信頼性の高いものを選びたいと考える方も多いでしょう。その中でオススメの工法は、ウレタン防水工法です。 ""

簡単な工法だからこそ優良業者選びが重要

簡単な塗装作業で完了できるウレタン防水工法は様々なメリットがありますが、その分悪徳業者も多いのも事実です。最初から信頼できる業者に依頼すれば問題なく納得の仕上がりを実感することができますが、悪徳業者に騙されないために、なるべく防水工事の知識をある程度付けてから防水工事業者を探すようにしましょう。また、施工事例や件数などを見て実績を確認すると業者選びの際に良い参考になるはずです。

TOPボタン