防水工事の中でも長年選ばれているウレタン防水工法なら安心

防水工事ならウレタン防水工法で建物を守ろう 防水工事ならウレタン防水工法で建物を守ろう

どんな建物にも防水工事は必要不可欠~業者の話を聞いてみよう~

建物に防水工事は必要?と思われる方は意外と多いでしょう。しかし、どのような建物であっても、防水工事は非常に重要です。

防水工事は本当に必要なのか?


防水工事の必要性があまりわからないので、教えてください。
なぜ建物に防水工事が必要なのかというと、日本は台風や梅雨など雨や雪の多い国であり、それによって雨漏りや漏水などが起きないようにするためです。また、雨漏りが発生してしまうとそれに伴い湿気も出ます。そうなると建物にカビや腐朽菌などが繁殖してしまい、結果的に建物の劣化促進につながってしまうのです。
どのような部分をチェックすれば、防水工事が必要かどうかわかりますか?
防水加工が必要な箇所をチェックする時は、まず雨漏りのしやすい場所、窓まわりをチェックしてみましょう。窓まわり、特に窓枠などに使用されているシーリング材などが傷んでいないか、割れている箇所はないかを確認しましょう。窓枠付近のシーリング材は他の部分と比べて耐久年数が低いと言われています。そのため、普段から気にかけてみると良いでしょう。

目的や予算に合った防水工事をすることが大切

防水工事と言っても、工法にはいくつかの種類があります。例えばウレタン防水工法やシート防水、FRP防水、アスファルト防水などがあります。耐久年数が10~12年のウレタン防水は工期が短く、費用も安く抑えられます。また、耐久年数がウレタン防水と同じくらいのシート防水も同じように短期間で工事が済み、費用はさらに安いです。耐久年数8~10年のFRP防水は、非常に軽量で屋上以外の場所にも利用しやすいです。アスファルト防水は一番信頼のある工法で、耐久性は15~20年と長めですが、費用が高いという面もあります。

信頼性を重視するなら実勢豊富なウレタン防水工法に決定

様々な工法がある中で選ぶとしたら、なるべく信頼性の高いものを選びたいと考える方も多いでしょう。その中でオススメの工法は、ウレタン防水工法です。

国内の防水工事の半数近くで選ばれているウレタン防水工法

特徴
ウレタン防水は、下地に主剤や硬化剤などを混ぜ合わせた塗膜を塗ることで防水性を高める工法です。塗ることで防水が可能になるので、複雑な形状の場所でも利用できます。国内の防水工事においておよそ46%もの割合で利用されており、最も主流となっている工法です。メリットとしては、非常に簡単に作業が行なえて、しかも乾けばすぐに使用することができるようになるところでしょう。また、価格帯も他の工法と比べると安い分類に入ります。さらに、防水層が既に施されている箇所に塗ることでより高い防水性を得ることもできるでしょう。煙・臭いなども発生しない、環境に優しい工法と言えます。
悪徳業者に注意しよう
ウレタン防水工法は、比較的簡単に作業できるので知識を持たない塗装業者やリフォーム業者がただ単に塗っただけで終わってしまうことがあります。こうした悪徳業者による防水工事だと、防水性能が高まる厚さよりも少ない厚さしか塗れていないことがあるので、悪徳業者には気を付ける必要があります。ごまかしが出来る工法でもあるので、ウレタン防水工法で依頼しようと考えている方は、しっかりと業者を見極めることが大切です。

簡単な工法だからこそ優良業者選びが重要

塗装

簡単な塗装作業で完了できるウレタン防水工法は様々なメリットがありますが、その分悪徳業者も多いのも事実です。最初から信頼できる業者に依頼すれば問題なく納得の仕上がりを実感することができますが、悪徳業者に騙されないために、なるべく防水工事の知識をある程度付けてから防水工事業者を探すようにしましょう。また、施工事例や件数などを見て実績を確認すると業者選びの際に良い参考になるはずです。

TOPボタン